2000 12 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2007 12
スポンサーサイト
--,--, ,--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Auckland到着 まずはDEVONPORTへ その1
Thu,19, ,2008
みなさん、オークランドってAucklandって書くの知っていました?
あたしはオークと言えば、木のoakだとばかり思っていましてね。
(アメリカのオークランドはOaklandらしいし…発音違うのかな?)
だからAuckland在住の友人からカードをもらったときに
あーこう書くんだーと初めて知った無知なヤツです。

そそ、Aucklandには友達が住んでおりまして。
友達って言うか元同僚なんだけど…まぁもう友達でいいよね?
彼は(あ、男子です)昔からすごいキレものだったんですが
日本のしがらみやらにきっと耐えきれず才能もあるので
海外の地に飛び出していったのです。

で、単純なあたしはそんな彼を見て
「あたしも海外移住したいよー」
と思うのであります。
そういう人ってどっか
「俺ってえらいだろ」オーラがあって
えばりんぼうだったりしますが
彼はまた偉く謙虚だったりして
そんなところも素晴らしいと思います。

あ、これって別にガイドしてもらったからのお世辞じゃなくてよ。

なもんで、初めて行くNZだっつーのにガイドなしツアーに
思い切っていくことが出来たわけですよ。
ま、もしかすると社交辞令で
「遊びにおいでよー」
と言ってくれていたのかも知れませんが(笑)。

ということでNZ滞在3日目にオークランドへ行きました。
天気予報ではオークランドはずっと雨だったので
心配でしたが…実際は降ったり止んだり。
だけどそのせいで湿気が…おそろしくありまして。
この湿気地獄がとてもしんどかったです。

ガイドブックで見るとオークランドってとっても
「街」なので、あたしが好きな古い英国っぽい
雰囲気がなくて、それならばと船でDEVONPORTへ
渡りました。DEVONPORTは古い英国的な街並みを残す
と書いてあったから。


ここが船着き場です。


船着き場を出るとこんな景色です。
どうしても…木が南国っぽい(苦笑)。
とりあえずマウントヴィクトリア(右奥に見える小高い山)
を目指します。


こんな趣のある本が。
すごくかっこよくて、こういう本を
本棚に飾るのに憧れるんだけど、
やっぱりなんとなく臭そう。
図書館の本が古くて汚くて苦手だったあたしです。





ちょうど山に登る辺りから来た道を振り返ったところ。
ここに山の案内板が書いてあったんだけど
それを読んで、ここで引き返した白人若者。
なぜ?と思ったけど、登ってみて分かった…

えらくこの坂しんどいんです。


途中の景色。
対岸に見えるのがオークランドの街中。
景色は良いんだけどね。
その分、勾配も激しいの。
NZにきて登ってばかりだ。


写真で勾配のきつさが表現できない。
まだこの道は迂回してるのでゆるやかだけど
ダンナはえらく急なけものみちを一人歩いて
頂上で会うことに。
やはり木がデカイ!


頂上にたどり着く前にダンナが降りてきてしまい
疲れたのでこの辺りで断念。


向こうに見えるのは桜島?
(いいえ、もちろん違います)


住宅地の中のグリーンはどうもゴルフ場のような???


あ、鳥を発見!!
近づいたら飛んでしまったので…


また戻ってきたところをズームで激写。
Vancouverのリスは
「まっちゃん」
と呼んだら
「ん?」
とこっちを見てくれたのに
この鳥には無視されました。
なんでも動物を見ると「まっちゃん」と
呼んでしまいます。

写真がまだあるのでつづくってことで。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
スポンサーサイト
この記事のURL | NZ旅行 | ▲ top
Hagley Parkと最高のラム料理
Wed,11, ,2008
長らくお待たせしております?NZ旅行続編です。
まだオークランド編まで辿り着いていません。
オークランド在住の友よ、申し訳ない。
なんせ写真撮りすぎてその編集が…面倒 大変で…

で、Hagley Parkの横っちょから入りまして
またしばらくAvon川沿いに歩いていました。

あたしゃこういう小川が本当に大好物なんです。

で、Hagley Parkにはでかい木がたくさんあるよと
聞いていたのですが本当でした。


183cmのダンナも小さく見えます。


なんかLord of the Ringの動く木みたい。


生まれて初めて木登りしました(笑)。

とりあえず折れなくて良かった。

その他にも大きな木があって
うまく説明できないんだけど
枝の一部分から入って中が広くなっている木が
あったんだけど、入ろうとしたらインド人の団体さんが
いたので入って写真は撮れませんでした。
あんなところでいきなりインド人が20人くらい
いたのでちょっとビックリしちゃいました。


これはArt Centreを公園側から観たもの。


これもそうだったかな?


こっちは公園の横のミュージアム?だったかな?
入っていないのでよく分からず。
なんか建物がみんな似ていて統一されてるんだけど
正直、後で見るとどれがどれか分からない(苦笑)。

横断歩道が見えるので信号の話。
横断できるよ!って音が
ピューン、ププププ
って音で、最初のピューン!にいつも驚き
どうもワンテンポ現地の人より出だしが遅れてしまいます。
この音、けっこうふざけています。
オークランドも一緒だったのでNZはどこもそうなのかな?


これは我が家の愛車と色違いで可愛かったので
思わずパチリ。こんな色、日本では売ってないぞー


次はココに泊まりたい、Heritage Christchurch。
以前、大聖堂の上から見たホテルです。

また食事前に通りかかったので

ついつい大聖堂を写してしまいました。
だよね?前に載せていないよね?(記憶がないもんで載せておきます)

で、Christchurch最後の夜はガイドブックにも必ず載ってる
ラム料理で有名なHaysに行きました。
あたしはお肉はあまり食べれないし、ラムもほとんど食べたことが
ないんですが、NZといえばラムかなということで。
旅行会社のガイドさん(空港からホテルまでの間だけでしたが)も
ラムはココが美味しい、特にオススメはラムラックと言われていたので
おそるおそる電話で予約しました。
(日本語の分かる方を…と言ったら「あ、どうぞ!」といきなり
日本語になったのでビックリ。最初英語で出たときはまさに
ネイティブって話し方だったので)


最初にNZでは有名なブラフ・オイスター。
ちっちゃいです(涙)。でも美味しい。
高いので1人3個だけ…

そしてこれが…

ラムラック!マジでうまかったです。
こっちはあたしが食べました。
ダンナ曰く、あたしに譲ってあげたそうです。
今まで牛肉しか食べれなかったのですが
これからはラムもいける…かも??

お二人とも同じじゃつまらないですよ
とお店の方に言われ、煮込みの方をダンナが。

イマイチお肉がよく分からないんですけど…
もうちょい分かる角度で撮って欲しかった。


最後のカプチーノは薔薇の模様!
いやーん、ステキです♪
って事でChristchurch編はようやく終わり。
次はやっとAucklandです。
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
この記事のURL | NZ旅行 | ▲ top
Mona Valeとナチュラル○○ヘアーなおじいさん
Thu,29, ,2008
え-まだ2日目のChristchurchが続いております。
引き続きお楽しみくださいませ。

Art Centreの後にはMona Valeに行きました。
Mona Valeはなんでもかつて貴族が住んでいた?とかで
今はレストランとして使われているらしいです。
ここもいわゆる観光スポットなのですが、中心部から
歩くのはちょっと遠いし、バスも行くのが分かりづらいです。
なので、行く人のためにちょっと情報を。

Art Centreからちょっと歩いて Gloucester St & Rolleston Ave
というバス停まで行きます。



ここからAのバス(Airport行きです)に乗ります。
ルートとしては



そこから6分位乗ってFendalton Rd & Wairarapa Tceという
バス停で降ります。まぁ最初にバスのドライバーに
「Mona Valeに行きますのでよろしく~」
と言っておけば大丈夫。ちなみに…
あたしが使う英語としては…合ってるか分かりませんけど
Excuse me,does this bus go to ○○ ?
(すみません、このバスは○○に行きますか?)
で、行くよーと言われたら乗り込みながら
Please let me know when we get there.
(着いたら教えてください)
って感じです。ただ実際はドライバーの人と話す時間も
そんなにないので(他の乗客もいるし)Excuse meじゃなくて
Hi!やHello!だったり、when we get there.は言わないときも。
ま、その辺はアレンジしてどうぞ。

ただ今回はバス停で待っていたら老夫婦にまた話しかけられまして…
バス停のベンチでうちらと白人の若者が座っていたんですが、
その若者は席をつめないのでうちらがそそーっと席をつめたので
「Thank you」
ってところからなんですが、またどこから来たのか?と聞かれ
どのバスに乗るかと聞かれ、AのバスだというとAirportへ行くのかと
聞かれ、いえいえMona Valeですと言って、私達と同じバスだわと
そうよ、そのバスでMona Valeも行けるのよと教えてくれました。

で、なんでも彼らの息子さんが札幌で英会話の先生をしてるとかで
昨年の夏に札幌に行ったそうです。
それも香港経由(だったかな?)で、千歳空港(名前が出てこない
ようで、「chitose?」と聞いたら「Oh! yes!」とのこと)に
行ったので成田空港には行かなかったとのことでした。
で、ダンナも同じ北海道だと説明をしたりなんかしてるうちにバスが。

バスに乗るときも「After you.」なんて先を譲りまして
まぁ楽しい出会いで、降りるバス停も教えてくれたんですけどもね。
えぇとても話し好きで上品なご夫妻だったんですけども…
おじいさんの方が…

すんごい鼻毛

だったんです。もうそれはヒゲかと思うほど
生えそろっているんです。でもあまりじろじろ
見れないし、やっぱりヒゲ?と思ったんですが
根本は鼻の穴から出てるんでやっぱりあれは鼻毛かと。

ただ真っ白だったので汚~い!という感じでは
なかったのが幸いなのですが…。
イメージとしてはこんな感じ。

(すみません、Donald Sutherlandさんちょっと画像使わせていただきました)
ハッキリ言ってこのイメージを作るためにこのNZ日記が
頓挫していたと言っても過言ではありません。
本当にこんな風に見事で…でもヒゲと言うには短くて…
(ダンナも後で「あれって鼻毛だよな?」と言っていましたし)
きっと体型もナチュラルな人が多いので鼻毛も
NZではナチュラルなありのままが良いのかも知れない
と思うことにしました。

で、話を戻しまして、バス停は2つめです。
途中Hagley Parkというデカイ公園を通ります。

で、バス停を降りるとコレがすぐあります。



コレと川の脇を歩きます。バス停から606mだそうです。
地図ではバス停からこの曲がる道まで結構ありますが、本当にすぐでした。
逆に曲がってからの川の脇の道はかなり歩きます。



途中ではこんな家や


こんな家があります。


家自体すごい好みではないのですが
立地が素晴らしい。小川の脇で、そこから芝生があって
自分の家の庭へと続く…
あぁなんて素敵なんでしょう。
そう、あたしはどうも小川が好きなようです。
きっとこんなところに住んでいたらマロンも大喜びなはず。



右側の線路には貨物列車が走っておりました。
この木製の手すりもなんだか良い味を出しております。



Mona Valeを左側に見て、右側にこんな池もありました。
ちょっと形が古墳のようです。



ここにも鴨が!鴨は本当に多いです。
でもかもめよりマシです。かもめはちょっと苦手です。
(オークランドはかもめだらけです)
蓮がたくさん浮いていました。咲いているところ見たいな。


で、これがMona Valeです。ちょっとメルヘンチック?
外観はやはり好みではないのですが…




中にはいるとやっぱり素敵です。
要はあたしは黄色とオレンジがイヤなのかも。




暖炉でかすぎー
この右側がレストランの入り口のよう。
んーここまで昼食我慢してここで食べれば良かった。


あれ?この感じって…


旧岩崎亭に似てる?


上の階は結婚式の披露宴のようなテーブルセットが
してあったので写真は撮らず。

外に出ました。

こんなアーチを家にも欲しいぞ。
絵になります。

お次は薔薇園です。
季節は秋でしたが、結構咲いていました。
しかしかなり放置プレイ状態で…
割とテキトーに咲いていました。
花がらも摘んでいないようだったし…汗。









あーこんな風にレンガの壁に薔薇を這わせたいものよ。


アーチからにょきにょき出ているところが我が家に似ている(笑)。


で、薔薇園を出て、帰りは24番のバスで戻ってきました。
薔薇園と高校(女子校)の間を通ります。


黄色いのが女子校の場所。ここの子達は制服でした。
で…グラウンドで部活?をしてる子達が沢山いたのですが
そばの道の停車してる車の中からそれをじっと見てる不審な男がいて
(顔は見ていないのですが、車の運転席の窓から
Tatooのびっしり入った腕が見えてちょっと怖かった)
保護者が迎えに来ているのか、変態なのかちょっと心配でした。

バス停は Kilmarnock St & Mona Vale Aveです。
Hagley Parkのまた別ルートを通ってChristchurch Hospitalで降りました。



このピンクの矢印のところの橋を渡ってHagley Parkに次は行きます。

(Christchurchは意外と小さいので1日でほとんどの
観光スポットに回れるようです)この時点で確か4時半か5時くらいだったかと。
Hagley Park以降はまた後日。
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
この記事のURL | NZ旅行 | ▲ top
Puntingに思う郷愁の景色?
Sat,03, ,2008
~今回は激しい思い入れ故、長文です~

あたしがChristchurchでしたかった事と言えば、
そう、puntingなのであります。
って、puntingなんて言い方するなんて知らなかったけどさ。

あたしが多分一番映画館で観たであろう作品Another Country
アナザー・カントリー
アナザー・カントリー
あたしが持ってるDVDはこっち↓だわ…
アナザー・カントリー
アナザー・カントリー

この映画のオープニングにはpuntingしながらだと思われる
川をゆっくりと流れる景色から始まる。

このyoutubeの映像の最初の数秒(実際はもっと長いです)がそう。


もっと長い映像探したけど見つからず。
この映画は、英国の名門パブリックスクールイートン校が
舞台で主人公のRupert Everettが15歳のあたしは
そりゃー好きでした。だから見に行きたいという人がいれば
一緒に渋谷のパルコまでみにいったんですよ。えぇ15歳でね。
1回につき2回見たんで合計6回。そんでもって、いつもRupertが
「一生、女は愛せない」
ってところで毎回、号泣したのよ~
わーん、こんな人がゲイなんてもったいないって思って(苦笑)。
数年後、Rupert が本当にゲイだとカミングアウトしたときには
もう泣かなかったけどさ。(複雑な思いではあったけど…)

そう、昔って映画館で2回とか
観れましたよねぇ?あれ?いけなかったのかしら?

映画の中のRupert Everett

う、う、麗しい~ローズ2
最近の彼はけっこう劣化が激しいけど…涙。

そして映画の中でもpuntingしているのであります。

漕いでいるのはColin Firth。最近はブリジット・ジョーンズの
日記なんかにも出ていますね。

そんな多感な時期にそれだけ何度も観た映画なだけに
多分その映像全てが刷り込まれてしまってるんだと思います。
それがもしかするとあたしが英国好きになったきっかけなのかも
しれない。

なので

こんな風な川に柳の木が垂れ下がるこの景色だけで
あたしにとっちゃ~涙が出そうな位懐かしい景色なんです。
なんかよくわからないけど、猛烈に郷愁を感じるわけですな。
お前さん、日本人だろうーがというツッコミが入るでしょうが
このなんとも落ち着く気持ちはどう説明しても分かって
もらえないかも知れません。
もしかすると故郷のある人はこういう感じなのかなと思う
そんな気持ちです。

ダンナは、「人工的だ」と言うんですけどねーこの川。
でも美しければ良いじゃないかと思うんですが。

なので、絶対的にビデオを撮りたかったのにっ!
あのーNZってなんか特殊な電波出てるんでしょうか?
猛烈に充電したバッテリーの消耗激しいんですけど。
充電器は持ってきていましたけど、日本でフルに
してきたし、まさかいきなり赤くなるなんて思いませんでした。
レンタルの携帯電話も使っていないのにいきなり残数1と
なっていたので、なにかNZにはあるに違いないと睨んでいるのですが。

それ故に、デジカメの動画で撮りました。
本当は柳の下を通り、橋をくぐり抜け…という映像が
欲しかったのですが…んー悔しい。
やっぱり新しいデジタルビデオカメラ買っていきたかったよ…

ってことでデジカメの動画はこちら
鴨を轢きそう?になってドキドキしました。
鴨、必死で逃げております。
時折見える足はダンナの足です。2分ほどの動画です。


あとは静止画でお楽しみください。途中で折り返して
戻ってくるので、似たような景色が2回出てきています。
行きの景色と帰りの景色です。

乗り場付近です。


鴨がいっぱいいました。鴨が水中を潜ってるところ
見えました。ここは水がちょっと濁っていますが、
透明なところもあったので。


乗り場のすぐそばの建物


いざ、船に乗って出発です。
オークランドからきたご夫婦と一緒に乗りました。
お二人が後ろに乗って、船頭さん?と話してくれたので
景色に集中できました。

























にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
この記事のURL | NZ旅行 | ▲ top
NZのおすすめお土産
Fri,02, ,2008
まだ旅行記が途中までしか打っていない
ので今日はお土産の話題でも。

NZといえば、マヌカハニーが有名ですが、
わりかし高い。しかもお土産屋さんによって
値段が本当にまちまちなんです。

UMFという数値によっても違うのですが、UMF5くらいなら
スーパーで安く買えると教えてもらって1000円弱くらいで
多分一番有名なComvita社のコレを買いました。


口内炎に塗らなくちゃだわ~
あ、日本じゃ3,500円もするのねぇ。。。

あとはプロポリスの歯磨き。これもComvita社。


これはオークランド空港内の売店が5.5ドルで一番安かったはず。
ChristchurchのDFS系のお店では7ドルだったし…。

マヌカハニー以外もいろんなハチミツが売っているし、
お土産用の小さい瓶のもあるんですが、
ただスーツケースの重量オーバーにもなるので
こういう重くなるものは何個も買えません。

そんなときにオススメがコレ。
Whittakers Chocolate



って、友達の奥さんに「このチョコは美味しいよ」
と教えてもらって買ったんですけどね。

今回のNZ旅行では飲み物も激甘じゃないし、
食べ物も割とみんな美味しかったんです。
でも友達曰く
「それは運が良かっただけ。たまたま良いお店に
当たっただけだよー」
と言われました。

ただ食べやすくて美味しいだけに沢山食べて
kiwi体型になってしまうのもコワイなーと思いました。

コストコで売っているNZ産のアイスも美味しいけど、
最初から柔らかくて…すぐにスプーンでお皿に盛れてしまうんです。
でもそれって乳脂肪分が多いせいかも???
危ないkiwi magicかもしれません。

ま、そんな風にあまり外れが無さそうなので
お土産屋さんよりもスーパーで買う事をオススメします。
お土産屋さんのキウィチョコはあまり美味しくなかったし。。。
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
この記事のURL | NZ旅行 | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。