2008 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2008 07
スポンサーサイト
--,--, ,--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Auckland到着 まずはDEVONPORTへ その1
Thu,19, ,2008
みなさん、オークランドってAucklandって書くの知っていました?
あたしはオークと言えば、木のoakだとばかり思っていましてね。
(アメリカのオークランドはOaklandらしいし…発音違うのかな?)
だからAuckland在住の友人からカードをもらったときに
あーこう書くんだーと初めて知った無知なヤツです。

そそ、Aucklandには友達が住んでおりまして。
友達って言うか元同僚なんだけど…まぁもう友達でいいよね?
彼は(あ、男子です)昔からすごいキレものだったんですが
日本のしがらみやらにきっと耐えきれず才能もあるので
海外の地に飛び出していったのです。

で、単純なあたしはそんな彼を見て
「あたしも海外移住したいよー」
と思うのであります。
そういう人ってどっか
「俺ってえらいだろ」オーラがあって
えばりんぼうだったりしますが
彼はまた偉く謙虚だったりして
そんなところも素晴らしいと思います。

あ、これって別にガイドしてもらったからのお世辞じゃなくてよ。

なもんで、初めて行くNZだっつーのにガイドなしツアーに
思い切っていくことが出来たわけですよ。
ま、もしかすると社交辞令で
「遊びにおいでよー」
と言ってくれていたのかも知れませんが(笑)。

ということでNZ滞在3日目にオークランドへ行きました。
天気予報ではオークランドはずっと雨だったので
心配でしたが…実際は降ったり止んだり。
だけどそのせいで湿気が…おそろしくありまして。
この湿気地獄がとてもしんどかったです。

ガイドブックで見るとオークランドってとっても
「街」なので、あたしが好きな古い英国っぽい
雰囲気がなくて、それならばと船でDEVONPORTへ
渡りました。DEVONPORTは古い英国的な街並みを残す
と書いてあったから。


ここが船着き場です。


船着き場を出るとこんな景色です。
どうしても…木が南国っぽい(苦笑)。
とりあえずマウントヴィクトリア(右奥に見える小高い山)
を目指します。


こんな趣のある本が。
すごくかっこよくて、こういう本を
本棚に飾るのに憧れるんだけど、
やっぱりなんとなく臭そう。
図書館の本が古くて汚くて苦手だったあたしです。





ちょうど山に登る辺りから来た道を振り返ったところ。
ここに山の案内板が書いてあったんだけど
それを読んで、ここで引き返した白人若者。
なぜ?と思ったけど、登ってみて分かった…

えらくこの坂しんどいんです。


途中の景色。
対岸に見えるのがオークランドの街中。
景色は良いんだけどね。
その分、勾配も激しいの。
NZにきて登ってばかりだ。


写真で勾配のきつさが表現できない。
まだこの道は迂回してるのでゆるやかだけど
ダンナはえらく急なけものみちを一人歩いて
頂上で会うことに。
やはり木がデカイ!


頂上にたどり着く前にダンナが降りてきてしまい
疲れたのでこの辺りで断念。


向こうに見えるのは桜島?
(いいえ、もちろん違います)


住宅地の中のグリーンはどうもゴルフ場のような???


あ、鳥を発見!!
近づいたら飛んでしまったので…


また戻ってきたところをズームで激写。
Vancouverのリスは
「まっちゃん」
と呼んだら
「ん?」
とこっちを見てくれたのに
この鳥には無視されました。
なんでも動物を見ると「まっちゃん」と
呼んでしまいます。

写真がまだあるのでつづくってことで。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
スポンサーサイト
この記事のURL | NZ旅行 | ▲ top
塗装作業となぜか植物はジャングル化する
Thu,19, ,2008
先週末はお天気も良く通院もなかったのでしっかり家のことを
しておりました。つーか…6時半にトイレに起きてから寝れずに
結局7時頃から外で作業していたあたし。
なんだか年寄りっぽい…
なので、地震の時も外で作業していてまるで気づきませんでした。

先週の塗装の成果?です。

ピカピカきれい。
で、まだペンキが残っていたので他のアイアンも塗装。



ここは犬にオシッコをかけられるせいで錆が激しい。
なんで、わざわざこういうところにかけるんだろ。
錆があっても上から塗れるのは便利。
早くレンガをここに積んで、オシッコ被害から
逃れたいっ!

あとはこれ。

(ちょっと「ぺんきぬりたて」が恥ずかしい…)
これはオブジェとして気に入ってるんだけど
これのせいか、我が家にはよくキリスト教関係の
勧誘の人が来ます(苦笑)。

それと外で使う道具やらをしまうためのワインケースを
買った(そう、買ったんですよー!タダではくれません…
まぁ12本とかケース買いすれば別でしょうが)ので、
防腐・防カビなどを期待してステイン塗装。


あとは薔薇たちです。
まずはピエール。

うーん、ラブリー。

そしてブラッシュ・ノアゼット

これは我が家の薔薇の中で唯一、ルドゥーテの作品にあった
ノアゼット系の薔薇です。古いのね。
そして八重桜っぽいです。

あとは薔薇ではないのですが、薔薇っぽく咲くので
買ってみたフィエスタです。

全体像を撮り忘れましたが、ものすごくこんもりです。

そして…黄色い薔薇のエバーゴールドの育ちがすごくて
株元っていうの?下が淋しいので植えてみたラベンダーが…
ラベンダーなのに…
なぜかすごいジャングル化して雑草のようです。




ラベンダーカラーで囲んであるのがラベンダー。
南側なので暑さに強いのを選んだんだけど
ちょうど修景バラのラブリーメイアンが横に張り出してきたので
行き場がなくてこんな風になってしまったよう…

美しいイングリッシュ・ガーデンへの道は険しい…
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
この記事のURL | 家のこと | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。