2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
--,--, ,--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
良かったことと不満点
Tue,26, ,2008
卵管水腫で…
夢クリニック→N大O先生→荒川区の病院で手術
という流れの方が今後増えそうなので
覚えてる間に思ったことを書いておきます。

ちなみに金額や時系列で起きたことは
ウィリさんのいつの日か,優しいママに。
にすごく詳細に書かれているのであたしも
参考にさせていただいたし、みなさんも参考に
なると思います。

で、あたしはそれに補足って感じで。

良かったことは駅から近いこと。
あと何度も書いていますが看護師さん達が
下町のアットホームで気さくなことでしょうか。
食事もまぁボチボチです。
日赤の味のない焼きそばを食べたものとしては
ある意味美味しくすら感じたかも(苦笑)。

不満は色々あります(苦笑)。
まず病院が古いのは仕方ないにしても
やっぱり汚い。テレビの下の台なんて
開けた瞬間閉じました。だからほとんど
トランクに物を入れていました。
(術後開けるのがすんごく大変でした…)

あと手術日はそれなりにケアしてくれましたが
翌日からは本当に放置プレイで。
尿管もあっという間に抜かれ、
起き上がるのもトイレ行くのも
1人で頑張りました。呼べば手伝って
くれたんでしょうが、ナースコールしても
15分くらい来てくれません。
だからよっぽどでない限り呼ぶことは
しませんでした。
お花が届いてそれを出そうとしたり、
着替えも1人でやっていたため
点滴が逆流してしまい、管の中で血が
固まってきたので、2度もナースコールして
やっと来てくれましたが、既に時遅し。
血が固まって点滴が落ちません。
血を溶かす溶液を入れられて痛いの何のって。
しかもそれでダメで腕はどんどん腫れてきて
結局針を別に入れ替えました。
その時はさすがにムッとしました。

人手が少ないのでしょうか?
ちょっとねーその辺もう少しケアして欲しかったです。

あと身体を拭くタオルもレンタルしましたが
退院日は本当は身体を拭いてから着替えたかったのですが
いっこうに来ないので諦めて着替えました。
持ってきてくれたのは退院しようと部屋を出る間際。
だけどしっかり4日目の分も請求されていました。
なんだかなぁ…。

それと…体中にけっこうじんましんとか出たんですが
あたし、もしかしてラテックスアレルギーなのかな?
って思いました。前からストラップレスのブラとか
についてるゴムのライン…あれでかぶれるんですよね。
今回も弾性ストッキングのゴムでかぶれたし。
大きい病院だとラテックスアレルギーへの対応も
あるようですが、ま、なかったです。
あと点滴を抜いた後にアルコール綿をして、
それに肌色のテープをしっかり巻かれたんですが
それでもかぶれました…。今までそんなこと無いので
テープとかも古いのかなぁ?と疑ってみたり。

それから可能であれば個室がオススメ。
8,400円の部屋でも冷蔵庫ありました。
(もらう紙にはないって書いてあるけど…
最近入れたのかも。新しかったし)

あと手術前の日は眠れないと思うので
誘眠剤をもらった方が良いです。
あたしも消灯後すぐにやっぱり眠れないかも
と思いもらいました。
前の時も手術前に眠れなくて体力落ちて
回復遅かったから。
案の定、隣の部屋のおじいさんが夜中に
地獄からの叫び声のような雄叫びをあげていて
薬で朦朧としながらも目が覚めましたもん。
(翌日も同時刻に雄叫びしていました…)
ただ薬のおかげですぐまた眠れましたけどね。
そのおじいさん、夕方からいびきも聞こえていたんですが
まるで携帯のバイブ音みたいで、それもあって
薬を飲んだんです。正解でした。

あ、あとエアコンがすぐ寒くなりすぎて…
でも消すと暑いし…で、調整が大変でした。

と、やたら文句ばかりですな。

ただやっぱり…手術の腕前は確かなんだと思います。
腹腔鏡独特の肩から胸にかけてのガスが抜ける痛みがないし。
あれはねーしんどかったですもん。

で、傷口も新しいのは1カ所だけ。
以前の傷口を利用していただけました。
ただ右側なんですよね、傷口。
卵管水腫は左側なのに…と思っていましたが、
痛いのは左側なので、(傷が痛いのではなく
お腹の中が痛いのです)右から切って左も
できたってことなんだなぁと思いました。

と、思いつくまま書いてみました。
また思い出すことあれば書いていきたいと思います。
あ、費用は個室料金も含め19万弱でした。
スポンサーサイト
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
この記事のURL | 卵管水腫手術 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。