2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--,--, ,--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
脳内出血って…
Fri,24, ,2008
妊婦さんが脳内出血で墨東病院に断られて…というニュースが
出ていますが、気になるのは脳内出血って持病がなくても起きるの?ってこと。
誰にでも起こりうることなのか、何かの持病が引き起こすのか…
調べてみました…「脳内出血とは?」
またyahooの知恵袋では
「脳内出血は年齢、性別に関係なく誰でも起こり得ます。」
と書いてありました。えぇーー!そうなんだ。
いわゆるドロドロ血になるといけないみたい。
妊娠するとそういうことも起こりうるってことなのかな?
むくみやすくなるし…。
そうそう五の橋さんに通っていたって事は特に持病はなかった気もする。
だって、あそこは評判がすごく良いけど、産婦人科の個人病院だもんね。

んーこわいな。
そして五の橋も墨東も…以前の妊娠で候補でしたよー。駅からどう歩くか
とかのリサーチ行きましたよー。んんー墨東は総合周産期母子医療センター
なのに新規を受け付けていないと聞いて、まぁ医師不足なんだなとは
思っていましたが…新規を受け付けていない分、緊急を受け付けて
いるんだとばかり。

なんか医師同士の言った言わないの水掛け論になってるし…
今大事なのはそこじゃないような気もします。
やっぱり最初から周産期母子医療センター行くしかないな。
ハイリスクですからね。(おっとその前に妊娠していないぞーue_3.gif


妊婦受け入れ拒否 都内も産科・救急医不足

10月23日8時6分配信 産経新聞

 都立墨東病院は、胎児異常や切迫流産などリスクの高い妊娠に高度医療を提供する「総合周産期母子医療センター」の指定を受けていた。全国74の指定病院のうち都内に9つのセンターがあるなど、地方に比べて医師数が多く、医療体制が整っているはずの都心部でも、受け入れ拒否による妊婦死亡という最悪の事態を防げなかった。専門家は背景に、医師不足などが原因で緊急時に十分な医療が提供できなくなっている事態が都市部でも例外でなくなっていると指摘する。

 総務省消防庁が今年3月にまとめた調査によると、平成19年に救急搬送されたケースは約41万1000件。このうち医療機関に4回以上の照会をした上で搬送先が決まったケースが1万4387件。都内は特に深刻で、11回以上照会したケースは全体の約6割に当たる614件に上った。

 いわゆる「たらい回し」の背景にあるのが医師不足だ。中でも、医師にとって事故の際の訴訟リスクが高く、勤務時間が不規則な産科医と救急医は他の診療科目と比べても、医師不足が深刻化。特に産科医は18年末で10年前に比べて1割減の1万74人となっている。

 日本産科婦人科学会常務理事の岡井崇昭和大教授は「東京は地方に比べて恵まれてはいるが、どこも医師不足などの影響で、産科医はギリギリの状態」と強調。「医師が確保できず十分な医療が提供できない状況は増えており、高度な医療が提供できるセンターもその影響が出た」と指摘する。

 奈良県で昨年8月、妊婦が複数の医療機関から受け入れを拒否され死産した問題を受け、厚労省では同センター拡充など周産期医療の強化を進めているが、即効性のある対策はなく、悲劇が繰り返された格好だ。



せめて、産まれてきた赤ちゃんが元気に育ってくれますようにjumee☆faceA80
スポンサーサイト
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
この記事のURL | 赤ちゃん待ち | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。