2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--,--, ,--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
D18 移植が出来ました(長文)
Sat,01, ,2008
一生懸命まとめてみました。えらく長文になってしまいました。

D18 10/25(土)
本日の時間は7:54~16:35。
お会計は診察分8,878円で移植分が136,500円
E2 155 P4 0.4 FSH 1.8 β-hcg 0.0
内診はナシ

凍結時の卵の状態
グレード :  2
凍結時間 :  115h
大きさ  :  190μm
細胞数  :  16

凍結後の卵の状態
グレード :  2
AHA   :  あり
内膜の厚さ:  10mm
残りの凍結胚(卵):1個

判定日までのお薬
薬 pkkジュリナ 7時・19時
薬 pkkプラノバール昼食後1日1回
薬 pkkデュファストン 7時・15時・23時




とにかく長い一日でした。
やっぱり土曜日のせいでしょう。
外出して11:45頃戻りましたが
もう150番でしたから。

採血後の院長診察ではとにかくまた移植中止に
なったらどうしようと緊張しまくりまして
トイレに行きたくなってしまいました。
あまりの緊張に耐えきれず、これ判定日は
1人じゃ絶対無理かもー倒れるかもー
ダンナと来なくちゃ!と思いました。

さらにあたしの前の番号の人、3回呼ばれても
現れず、飛ばしてあたしの番号を呼んだのですが
その声が既に不機嫌。いやーん、その調子のまんま
院長、診察しないでーとドキドキで1番診察室へ。

で、「今日移植やね」と、言われたときは
本当にホッとしました。
色んな方のブログで読んでいたとおり、
「7/19と07/20に凍結したのね」
と言われましたが、凍結した日なんて
急に言われても分かりません。なので
「はぁ」
とだけ答えました。
何回も診察券番号を確認し、右のPC画面にて
胚盤胞の画像を出してくれました。
いつもダメ出しばかりされる院長に
「卵はいいね」
と言われてビックリ。でもどう良いのか分からず
これまた
「はぁ」
と答えるのみ(どこが良いのかきけば良かった)。
「透明帯を外すから」
と言われ、
「あの…アシステッドハ…(ッチングですか?)」
と言いかけた時点で
「そうそう。卵管因子があるからね」
と言われました。

そして本当に 無愛想な 効率的な融解の指示の
電話をしていました。

それからまたパチパチとPCを打ち、何かを書いてる
院長を見ながら
「あ、それあたしが会社で使ってるのと同じペンだ!」
などとくだらないことを思いながら無言が続き
「はい、あとは看護婦さんにきいて。前で待っていて」
と言われて、診察は終わりました。

そして看護師さんに「移植後の注意」などの紙を
もらって、
「薬は受付でもらって、その場で
受付の者と数を数えてくださいね。

と言われましたが、受付の方も忙しそうだし
とてもあそこで薬の袋を出しにくかったので
ソファに座ってそこで薬を何度も数えて外出しました。

この時点で9:15頃。
さーて、歌うかー!と気合い十分でカラオケ屋に
向かったら…あれ?やっていない…4つほど回り
ましたが、全てやっていません。お昼からの営業みたい。
ガガーーーーン!
この時間どうやって潰そう…と新橋をウロウロ
したものの銀座まで行く気力はなく、夢クリのビルの
エクセシオールカフェに初めて入りました。

いつもなら冷たい飲み物なんですが(冷たい飲み物好きなんで)、
ここはやっぱり暖かいものを…とメープルラテにしました。
(スタバみたいにデカフに出来たのかしら?)
で、ホメオパシーの本を読みながら時間をつぶし、
お昼も食べておかなくてはとその後はジョナサンで
食事をして戻りました。

培養士さんを待ってる間、ふと
「凍結した卵がダメでした」と言われたらどうしようと
また不安になって、トイレに行きたくなってしまいました。
実は汚い話なのですが、採血結果の時の緊張で
エクセシオールカフェでもジョナサンでも相当の
便意を催しまして…もう出ないと思っていたのにーと
また焦ってきました。培養士さんが前の番号の方を
呼んだので、慌ててトイレに行きましてまたしても
しっかりといたしてまいりました。
えぇ、意外とあの…デリケートなんですのよ。

で、培養士さんとお話をしたのですが、
やっぱり凍結時間とか細胞数とか大きさとか
聞かないと教えてくれないんですね。
だからしっかり聞きました。
だけど凍結前の胚盤胞の画像はやっぱり
撮らせてくださいと言う勇気がありませんでした。
ほんと、凍結前の方が綺麗なので撮りたかったです。
そこでも「卵は比較的良い状態です」と言われて
ホッとしました。

それから5階へ行きました。
(この時点で13時半くらいだったような)
5階の看護師さんに
「今日は先生上がってくるのかなり遅くなりそうですか?」
と聞いたら
「うーん、そうですねー。2時は過ぎると思います」
と言われたのですが、もっと遅くなる気がしてダンナに
(移植後に迎えに来てくれる予定だったので)
「相当遅くなりそう」とメールをして休んでいました。

採卵みたいに痛くないんだから緊張することないと
思っていたのですが、すでに下痢気味になっており、
移植の時に出たらどうしようとまたヘンな緊張感が。
うつらうつらするもののあまり寝られず、ベッドも
1番だから呼ばれるの最初だろうし、いつ先生上がって
くるんだろうか?と待ってる時間がすごく長く感じました。
(トイレも何回も行ってしまいましたー)

看護師さんも気にして下に見に行ってくれていました。
あと看護師さんの会話で、
「先生、お昼食べてからかなー?」
「3名(移植は3名でした)だから食べないんで
やるんじゃない?」
なんて会話が聞こえ、あー先生お昼食べていないのかー
申し訳ないなー。食べてからでもええよ(院長口調風)
と思ったりしておりました。
(その他、看護師さん同士の会話がかなり聞こえており、
新人さんに対してちょっとキツイなーと思う会話も…。)

で、15時になり薬のアラームが鳴りましたが、薬は移植後で
良いとのことでした(終わった後に水を用意していただいて
ありがたかったです)。忘れたらいけないので15:30に時間を
設定しなおしていたのですが、アラーム前に移植に呼ばれて、
終わって戻ったのは15:40でした。
だから多分…移植は15:20頃からかと。

移植自体はそんなに痛くないんだから!と言い聞かせて
力を抜くように頑張ったので、いつもの洗浄よりも
痛くなかったです。(器具を回していたときは痛かった)
で、卵を吸い取るところと子宮内に戻すところを
モニターで確認。子宮内に戻したときに院長が
「はい!」
と看護師さんに指示したら看護師さんがすかさず
エコーの写真を撮っていて、今の「はい!」は
シャッターチャンスを伝えていたのかーとちょっと
おもしろかったです。

で、起き上がって部屋を出るときに
「ありがとうございました」
となるべくそこにいる皆さんに聞こえるように大きな声で
言ってみたら、院長も背中越しに
「はーい!」
と言ってくれたのでちょっと嬉しかったです。
いつもそう言ってるんですけどね、今まで院長の反応
なかったので。大きめの声で言わないとだめなのね。

そして着替えて、薬を飲んでお会計。
ベッドにいるときに
「今日の勉強会は4時半からでーす!」
と聞こえていて、え?帰れないの?みなさんこれから
勉強会なの?と思っていたのですが、お会計でも
相当待たされまして、みなさん、ノートを持って
ぞろぞろと集まってきておりました。
本当にお疲れ様です。頭が下がります。

で、やっとお会計呼ばれまして16万預かり金
していたのですが、差額と領収書を封筒に
入れた状態で受け取りました。

帰宅途中の電車の中では、なんだかお腹が
ピキッとすることが数回。これが着床に
繋がっていて欲しいなーと思ったのでありました。

あー本当にまとめるのがヘタで無駄に長くて
大して役立ちそうにない文で申し訳ないです。
どこかしらがお役に立てば嬉しいです。

移植した卵さんです。
ちょっとアメブロのでデコレーションしたけど
うわっヘタッピです…


スポンサーサイト
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
この記事のURL | 夢CL4周期目【HR移植】 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。