2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--,--, ,--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
妊婦検診2回目(14週3日)
Fri,16, ,2009
昨日も書きましたように午後早退をして妊婦検診へ
東大病院へ行ってまいりました。
(病院名載せちゃうのもどうかなと思ったりもしますが、
夢クリ卒業生さんも多く利用してるようですし、
今後東大に通うことを検討してる方もいるかなと
思ってあえて名前出しています)


大急ぎで体重測定・血圧測定・尿検査を自分で済ませて
待っていました。体重が家で測るよりも0.5kgも多いので
ちょっとアセアセ。いちおう洋服分-1kg引いていてくれて
いるんですが…。厚着しすぎかもです。

そこから結局30分くらい待って呼ばれました。
男性の先生です。
なんか気になることとかじっくりと聞いてくれるんですね。
つい、夢クリの感覚で早く話さなくちゃと早口になって
しまいます。
お腹の痛みも喉のつっかえも仕方ないことみたいです。
同じ胃薬を引き続き飲んでくださいと言われました。
(なんども苦しいんですけどーと訴えてはみましたが)

で、次はお腹からのエコーです。
お腹からのエコーなんて久方ぶりよのぅ…と
ちょっと感慨深いものが…。
お腹の中ではしっかりと大きくなって赤ちゃんが
動いておりました。また前回同様、最初はジッとして
いるのに段々元気に動き出しました。自分が見られてる
って分かってるみたいだ。
色んな角度からいっぱい写真を撮っていました。
あたしとしては蓮ちゃんのことがあるので同じように
なっていないかとまたしつこく聞いちゃいました。
今のところその問題はなし。この段階で大丈夫なので
ほぼ問題ないと思いますとのこと。ホッとしました。

でも前回のいたれりつくせり個人産院と違って
ゼリーは自分で拭かないといけないのね。
んー着替えながらで焦るせいか上手く拭けません。
先生はその間にエコーの写真をハサミで切っています…が、
その場ではもらえませんでした。いつくれるんだろうと思いつつ
またお話を。

あたしが前回している「子宮頸管縫縮術」の経緯です。
子宮筋腫が妊娠とともに大きくなり腹痛も多かったので
大事をとってこの手術したんですよねー
その3週間後には蓮ちゃんとお別れだったので
あまり意味のない手術だったんですが。
これは通常頸管が短くなると行う手術なので
「頸管はどれくらいの長さでしたか?」
と聞かれました。実際長さのことは全く言われなくて
「大事をとりましょう」
としか言われなかったのでその旨を伝えました。
そしたら
「じゃあ下からも見てみましょう」
と下からエコーもすることにっ!

ひゃー今日は下からはないと思ってトイレで拭き拭き
しておかなかったよぅーイヤだなぁーと思いつつ内診室へ。
とりあえず頸管の長さも胎盤の位置も子宮口にかかって
いない(前置胎盤じゃない)ので大丈夫ですが、
今後も様子を見ていきましょうとのこと。
んー今後も下からエコーがあるって事かぁ。
しばらく下からは卒業だと思ったのになぁ。

で、お話が終わったので
「あのお写真いただけないんでしょうか?」
とおそるおそる聞いたら
「あれ?さっき挟まなかったっけ?」
と言われ、母子手帳とか見たけど見あたらず
「じゃあもう1回撮りましょうか?」
と言うことで再度お腹を出しました。
先生、どうもありがとう~!やっぱりエコー写真は
欲しいのよぅ~と思っていたら…最後お会計の時に
母子手帳からヒラ~~ンとエコー写真出てきちゃいましたっ!
先生、ごめんなさい~!しかも正面向いて笑ってるかの
ようなベストショット!あぁ…非常に申し訳ないです。
でも一体いつの間に挟んでいたんだろう?着替えてる間?

で、次回の受診日ですが、最初3週間後と言われ、
あれ、この時期って4週間おきだけど、今後も3週間おき
なのかな?と思って聞いてみたら…ちょうど蓮ちゃんの
病気が分かった時期と重なるからあたしが心配に思ってる
と先生が思ったらしく
「そうですね、前回の経緯がありますから2週間後にしましょう」
と言われちゃいました。まぁ頻繁に診てもらえる方が安心で
良いんですけどね(金銭的&有給申請以外は)。

ということでお会計が終わったのは15時頃。
金額は6,200円也でした。

100%じゃないにしても、蓮ちゃんの病気の可能性が低いことが
分かってかなりホッとしました。やっぱりそれが一番心配だから…。

スポンサーサイト
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
この記事のURL | 妊娠4ヶ月 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。