2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--,--, ,--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
メモリアルグッズ
Sun,28, ,2009
20090628192643
20090628192636
私が生まれた時にいただいたシルバースプーンです

名前も彫ってあります。
母曰く…ミキモトだったか、WAKOだったか…
記憶が定かではないそうなのですが…(ヲイヲイ)

銀のスプーンの言い伝えを知らないダンナは
「えーそんなのいらないよー」
とか言うんですけど、やっぱりあたしとしては
その辺はちゃんとねー買ってあげたい。
つーか…百貨店商品券が7000円ほどあるんで
デパートじゃ普段買い物しないしーって思って
あといくらか追加して買えばいいかなと。

ちなみに銀のスプーンの由来をいくつかのサイトから抜粋しました。


赤ちゃんが誕生したときのお祝いに銀のスプーンを贈る、という風習があります。
これは、「魔除け」の意味と、「一生食べ物に困らないように(=経済的に困らないように)」という願いを表しています。

そもそもヨーロッパでは古代より、銀には魔除けの力があり、高い精神力を象徴する神聖なもの、という考え方があり、また毒薬に多用された硫化ヒ素と合うと銀が黒ずむことから、毒を発見する(毒味をする)のに銀製品(主に食器)が用いられていました。



銀については古来より世界各国で様々な言い伝えがあります。中世ヨーロッパでは、食器を中心として尊重され、金が太陽を象徴するのに対し、銀はそのやさしい色から三日月と結びつき、月の女神として崇拝されていました。新月の夜、ポケットに銀貨を入れておくと次の日、それが2倍になるという言い伝えもあり、幸運のシンボルにもされていたのです。

王族や貴族が食器として銀器を珍重したのは、食べ物や飲み物に毒が入っていると銀の食器が黒くなり、簡単に見破れる為、毒殺防止に効果があったのも1つの理由です。しかし実際は、銀食器はすぐに変色するので、常日頃から手間がかかるが、きれいに管理を出来る従順な家臣がいるというのを自慢するためのものだったようです。



赤ちゃんが産まれたらお祝いに銀のスプーンを送ることは、日本でも行われています。西洋では、銀の食器は裕福な生活の象徴で、「銀のスプーンをくわえて生れてきた」と言うと、「生れながらに金持ちに生れた」と言う意味なのです。赤ちゃんに銀のスプーンをプレゼントするのは、将来お金に困らない裕福な生活が出来る様にとの願いからです。


やっぱり王道はティファニーですかね?しかしティファニーだと
2万越えするんでちょっと予算オーバーなんですよねー(涙)。
今日、日本橋高島屋に行ったのですが、ミキモトと
クリストフルしか見つけられなかったー。
ミキモトよりはクリストフルの方があたし的には良かったなぁ。
って、シルバースプーンなんてすぐ真っ黒になるんですけどね。
我が家の家計とにらめっこです。。。

そしてもう1つ欲しいメモリアルグッズについては後ほど。
スポンサーサイト
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
この記事のURL | 赤さんモノ | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。